地域密着型の工務店に注文住宅を依頼するデメリット

ハウスメーカーとの違いを押さえておこう

家を建てるなら、自分たちの希望を叶えることができる注文住宅が魅力的ですよね。注文住宅は予算や間取りなどを自由に設定できますが、ハウスメーカーに依頼するか、地域密着型の工務店に依頼するか迷う方も多いのではないでしょうか?
ハウスメーカーの場合は、住宅展示場などで実際の家の様子をみることができたり、ローンの相談などもしやすいというメリットがあります。しかし、自由に間取りを組めるといっても規格品を使わなければいけないなどの規制が多かったり、設計や営業、実際に工事を行う業者など担当が分かれていて建て主とコミュニケーションがとりにくいというデメリットもあります。
一方で、地域密着型の工務店は、注文住宅であれば基本的に家主の希望に沿う家づくりをすることが可能です。

「家」のイメージが掴みにくい

地域密着型の工務店は会社の規模が小さいところが多いです。そのため、ハウスメーカーのような住宅展示場やカタログがなく、実際の「家」のイメージが掴みにくいというデメリットがあります。また、法律や予算以外に制約がないので設計の自由度は高いものの、依頼した工務店でこだわっている素材や施工方法、デザインなどがあると、結果的にその工務店の仕様に制限される場合もあります。
地域密着型の業者は、地元に根差していることから自ら評判を落とすような仕事はしません。しかし、監理の面ではチェック機能がないため、中には悪質な工務店があることも事実です。信頼できるかどうかを建て主が見極めなければならないというのも、地域密着型の工務店に依頼するデメリットといえます。

集合住宅に住んだ場合、見ず知らずの人達と同じ壁を共有しなければなりません。しかし、一戸建て住宅に住めば他人と同じ壁を共有する必要がありません。