大手ハウスメーカーに注文住宅を依頼するデメリット

間取りや仕様に制限がある

大手ハウスメーカーは全国展開していることが多く、一般的に選ばれやすい間取りや仕様が基本プランとして提案されます。選べる工法も限られている場合がほとんどです。したがって、個人に合わせた個性的な間取りや設備は対応してもらえないことがあります。例えば、屋上を作りたい、壁一面の大きな窓を採用したい、柱や壁のない大空間を作りたいなどの要望は、工務店よりも通りにくい傾向にあります。また、採用できる設備も大手メーカー数社の中から選ぶ方式です。外国製のキッチンを取り寄せて設置したい、照明器具は自分で選んだものを取り付けたいなどこだわりの条件がある場合は、契約する前に実現可能かどうかをよく確認しておきましょう。

宣伝費用がかかるため建築費用が割高

大手ハウスメーカーはたくさんの住宅展示場にモデルハウスを出展しています。モデルハウスは家づくりのイメージを膨らませるのにうってつけの場所ですが、その建築費用や維持管理費用は注文住宅の建築費用に上乗せされているのです。モデルハウスはグレードの高い仕様で建てられているので、建築費用は一般的な住宅の倍以上かかるともいわれています。住宅展示場でプレゼントがもらえたりイベントをやっていたりする費用も、広告宣伝費がかかっていることを忘れてはいけません。また、知名度を上げるためのCMにも多額のお金がかかっています。宣伝費用が安い分、同じ仕様の家を建てるなら大手ハウスメーカーよりも工務店のほうが安く済みます。

新築一戸建てを注文する際は、軽量材を使った屋根にすることで、建物全体への負荷が軽減され、耐震性が増します。